女子高生必見!未成年者でも対応可能な脱毛サロン一覧

 

脱毛をしたい女子高生

 

結論からいうと、ある程度の年齢制限はありますが、未成年者でも脱毛サロンへ通えます!

 

ただし!親権者(※母親)と同伴で脱毛サロンへ足を運ぶか、同意書を書いてもらい、持参する必要があります。

 

※同意書の提出後に、親権者へ電話連絡をする脱毛サロンもあります。

 

今回は脱毛サロン別の対象年齢や条件などを一覧にして解説いたします。

 

キレイモ

 

顔脱毛

 

【年齢制限】なし(※応相談)
【条件】親権者の同伴 or 同意書
【特徴】月謝コースあり!

 

他のサロンは”ローン払い”ですが、キレイモは塾の月謝のように9500円を毎月支払うことで通えます。
途中で辞めることもできるため、学生にピッタリ!

 

また、学割コースもあり、学生→OLさんになっても、そのまま学割が適用になります♪

 

>>キレイモの公式サイトはこちら

 

 

ミュゼプラチナム

 

ミュゼ

 

【年齢制限】なし(※応相談)
【条件】親権者の同伴 or 同意書
【特徴】部位脱毛が安い!

 

ミュゼは高校生や女子大生の間で知らない人はいないほどの人気店です。

 

特徴は両ワキ+Vライン脱毛をし放題で何回でも通えちゃう!という点で、
料金は月にもよりますが、たった数百円!

 

お金がない学生でもお友達やお母さんと一緒に通えちゃいますよ♪

 

 

>>ミュゼ公式サイトはこちら

 

 

銀座カラー

 

銀座カラー 脱毛キャンペーン

 

 

【年齢制限】16歳以上・2回以上生理がきた人
【条件】親権者の同伴 or 同意書
【特徴】し放題の全身脱毛サロン

 

銀座カラーは全身脱毛やり放題!を月6800円でできちゃいます♪

 

「学生だからローンとか心配・・・」

 

といった場合でも、未成年者限定の”都度払い”コースがあります。

 

 

>>銀座カラー公式サイトはこちら!

 

 

シースリー

 

全身脱毛

 

 

【年齢制限】なし(※応相談)
【条件】親権者の同伴 or 同意書
【特徴】やり放題の全身脱毛サロン

 

 

9か月無料のシースリーはやり放題、一生通えるサロンです。

 

※銀座カラーよりもやや敷居が高い高級店です。

 

>>シースリーの公式サイトはこちら

 

 

ラヴォーグ

 

新店舗

 

 

【年齢制限】16歳〜(※応相談)
【条件】親権者の同伴 or 同意書
【特徴】激安!の全身脱毛

 

12か月無料で1435円と格安ですが、
脱毛ラボ同様、施術が超低速です。

 

※12か月で全身脱毛1回

 

そのため、気軽なお試し間隔的な人向けのサロンです。

 

>>ラヴォーグの公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

脱毛ラボ

 

【年齢制限】なし(※応相談)
【条件】親権者の同伴 or 同意書
【特徴】激安!

 

10か月無料の脱毛ラボは、キレイモのように月謝払いが可能です。

 

しかし、全身脱毛を1/6とちょっとずつしていくため、スピードは低速。

 

※キレイモは1/2ずつのため、2か月で全身1回とスピーディです。

 

 

脱毛の基礎を学ぶ!Q&A

 

vio脱毛の安全な脱毛方法:フラッシュ脱毛

 

VIO脱毛には以下のようなメリット、デメリットがあります。

 

【メリット】

  1. ムダ毛の処理を行う必要がなくなる
  2. 見た目がよくなる
  3. 女性の場合、生理の時でも蒸れる心配がなく衛生的

 

【デメリット】

 

  • デリケートゾーンのため脱毛時の痛みが強い
  • 脱毛方法によっては肌にダメージが加わる
  • お金や時間がかかる

 

 

主にエステサロンで行われるフラッシュ脱毛は、vio脱毛にふさわしいと言われています。

 

その理由は、vio脱毛のデメリットを大幅に和らげるからです。具体的に確認してみましょう。

 

まず、フラッシュ脱毛の技術は本来、フォトフェイシャルという美顔対策の施術に利用されてきた方法です。
シミの除去や顔の引き締め効果などが確認されています。したがって、vio脱毛のデメリットの1つである肌へのダメージの心配はほとんどありません。

 

仕上がり時には、ツルツルの肌も実現されます。

 

また、フラッシュ脱毛は他の脱毛方法に比べ、痛みが少ないということでも知られています。

 

デリケートゾーンの脱毛は非常に痛いと言われていますから、痛みの少ないフラッシュ脱毛を活用するメリットは大きいと言えます。

 

加えて、最近では脱毛機器が大きく進化していますから、安全性はさらに高まり、スピードも格段に速くなっています。

 

1回あたりの施術時間が大幅に削減されていますから、時間がかかるというデメリットについても改善されています。

 

脇脱毛のメリット・デメリット

 

脱毛の中でも、女子高生など未成年の女の子はもっともみんなが気にしており、処理する率が高い部位は脇でしょう。

 

年間を通して、一番気になる部位でもあり、脇脱毛を行っている方は多いでしょう。

 

特に夏になると女子高生や女子大生は、半そでやノースリーブや水着姿になることも多く、周りの目もきになるし、匂いも気になります。

 

なので、気にしている方は多いです。

 

脇の処理の方法は、自己処理で行うよりもエステサロンの方が専門的なこともあり、近年、高校生でもエステサロンに通う方が増えています。

 

しかし、脇脱毛にもメリットとデメリットがあるので、挙げてみましょう。

 

メリットは、エステサロンに行くことで面倒な自己処理から解放されること、周りの目をきにしなくてもよくなること、
そして夏はノースリーブや水着を着る機会が多いので脇を気にせずに着ることができること、毛穴が引き締まるのでブツブツのないすべすべした肌を手に入れることができること、そして汗などで雑菌が増える脇が、脇の毛がなくなることで雑菌の繁殖を抑えることができるなど衛生面においてもよいことです。

 

逆に、デメリットは、脱毛サロンに通うお金と時間が必要なこと、脱毛を始めた数回は痛みがあることなどです。

 

メリットとデメリットをしっかりと把握したうえで、脇脱毛を行うことが良いでしょう。

 

 

脱毛サロンの施術の流れを解説

 

脱毛サロンの施術の流れは、多くの場合同じような工程になります。

 

脱毛サロンへ通おうと決めたらまずすることは、カウンセリングの予約です。

 

ほとんどの脱毛サロンは、
脱毛の施術を実際に行う前にカウンセリングを受ける必要があります。カウンセリングでその内容や料金に納得ができれば契約を交わし予約をするため、実際の脱毛処理は数日後になるサロンが多いでしょう。

 

脱毛サロンの施術の流れとしては、脱毛を行う箇所によって差がある可能性はあるものの予約日に脱毛サロンに来店後、ロッカーのある更衣室、もしくは施術を行う個室で専用のガウンやワンピースのようなものに着替えを行います。

 

施術前に、脱毛を行う部分にムダ毛が必要以上に残っていないか、自己処理がしっかりされていない部分がないかのチェックがされ、場合によってはムダ毛の処理が行われます。

 

その後、光脱毛であれば目への負担がないようにサングラスなどで保護し照射が行われます。

 

照射を行う前に専用のジェルを使用する場合もあるでしょう。

 

照射が終われば専用ジェルを使用していた場合にはジェルを拭き取り、
施術を行った部分を冷やす場合があります。
しばらく冷やし、肌に異常がなければ施術終了という流れです。

 

 

脱毛知識Q&A

 

脱毛について疑問の女性

 

クリーム製品の一押しの選ぶ手段や使う方法等々を理解

 

未成年向けの脱毛用クリーム製品という名称でもクリーム状態の品だらけではありません。

 

水に似たものやジェルの性質ほか、多様な形状のものがありますので、使用する場所や自分自身の肌の性質次第でに左右され商品の状態や性質の使い分けができますね。

 

ムダ毛除去クリームは顔向けや脇の下向けといった部位別の品物も存在してますし、勿論のことですが頭からつま先まで用だって存在してます。

 

未成年で毛の脱毛をしたい点がどこであるのだろうか、どういう品物が成果をもつのかをクリアにすることで、役割にぴったりの品を手に取っていきましょう。

 

ムダ毛処理したい部位といえばどの辺なのかによっても品物選択は変わります。

 

頭からつま先までの薬剤を使えば長くて太い毛から生まれたての毛まで処理できるのです。加えて、脇の下のためのものなどポイント専用の脱毛用クリームも出回っています。

 

利点によって使い分け出来ます。クリームを手に取った方々からの上げられた声でほとんどなのは、その品の嫌な香りについてなのです。

 

主な成分によって、刺激臭が出てくるクリームもたくさんあるので、空気入れ替えが必要な時と場合が存在します。

 

これは品物を選ぶ上で大きい要になると言います。脱毛クリームと言われている品物といえば沢山売られてます。

 

どの製品を選別したら効果が高いのか戸惑ってしまいがちです。ですが、支持を得ている品の中から活用方法や特有のものといったものを調査して、
自らに合ったモデルの製品を発掘してみるといいでしょう。

 

 

脱毛エステでの美容脱毛の基礎情報

 

未成年の女の子にとってどんなムダ毛の処理の方法が自らに適切なのかどうかを見つけ出す手段として、第一に脱毛・除毛処理の種別を理解しておくことが必要であります。

 

最近流行っているのはどういう施術なのか、ネット上で噂がよい方法は何か等を知っておく事で、ショップ決めに確実です。

 

脱毛処理サロンだけではないですが、ゼロ円の相談を実施している脱毛エステサロンはたくさん有りますね。

 

金額や処理の方法のような疑問に思うこともすべてクリアにしてもらうために、この種のいったサービスを体験する事もよいでしょう。

 

その道の達人に依頼するということにより、ここまで自分1人に持ってしまった困りごとを解消してもらって、よい結果をだしてもらうということもできますよ。

 

さらに、一人での脱毛では叶わななかった強い理想のさらさらお肌を手にするということも可能と考えられますよ。

 

むだ毛ケアの手段としてはフラッシュあるいは各種レーザーなどといったタイプがあるのですが、何が自分自身に最適なのかがプロではない人間では分かりづらい部分も多いでしょう。

 

エステ脱毛体験をした方のレビューやプロの説明を基盤に、希望にピッタリなむだ毛処理を取捨選択するようにしましょう。

 

個人でできなさそうな容易ではない施術だったりプランなのだから尚の事、専門の人間にと頼むものでしょう。

 

また、今までよりも、更に美しく仕上げて欲しい、そんな理想さえ脱毛エステサロンに行くということによって叶える事が実現出来そうですね。

 

失敗の出来事や注意すべき点

 

ムダ毛の処理をしてもらう目的で脱毛サロンに行くような時は、だいたいどれだけの出費があるか心配ではないでしょう。

 

通い始めた後からそんなにかかるハズは無い、のように慌て無いで済むように、だいたい必要な費用やプランについてを知っておきましょう。

 

最初の説明時では聞かなかった他の商品・パーツの脱毛の購入を勧誘されるなどというような場合ですが、
予想を大きく上回るの出費を要求されてしまうなどといったことがありえるのです。

 

こういうトラブルにならないために、何か変だなと思ったときは早急な対応することが大事です。

 

数回施術してもらったのに処理した所の毛がまだ生えている、
濃い毛が生えた気がする。こういったことがあるときでも、それはひょっとするとまだ脱毛の途中段階だというのに失敗になってしまったと決めつけてるというケースかもしれないのです。

 

脱毛完了までどれだけの回数続けなければならないのかについては、事前に知っておくことが大事です。

 

光を用いたやレーザー脱毛処理のあとに、ときどきやけどになる場合もあるようです。

 

原因に挙げられるのは照射した光線についての設定が強すぎた、処理時のジェルにムラがあった、日焼け等、様々。脱毛後に調子悪いなと感じた場合、
店舗へ相談して、すぐに医院に受診で尋ねるといった素早い対処が肝心になります。

 

数あるエステサロンの内からどこか絞り込まないといけないものですから、そうそう決められないでしょう。

 

それはわかりますが、これは脱毛の仕上がりに関する評価のカギを握る選択と言えますから、
ここはひとついろいろな角度でもって慎重に熟考してみましょう。